ビジネスマップ用語集 > 商圏関連 > 商圏

ビジネスマップ用語集

商圏

商圏とは、店舗が顧客を集客できる可能性のある地理的な範囲を言います。商圏分析を行うにあたって、まずは商圏を定義することが分析の第一歩となります。店舗ごとに顧客データを所持している場合は、顧客の分布をもとにして店舗の実際の商圏範囲(実勢商圏)を作成することができます。顧客データが存在しない場合は、同心円商圏や運転時間/距離商圏などで仮想の商圏を作成することが一般的です。

商圏の例

顧客分布商圏(実勢商圏)

顧客数や売上などの各顧客に関連付けられた属性に基づいて、作成される商圏です。たとえば、店舗から近い順に顧客の 80% を囲むように商圏の作成を行うことができます。一般に、顧客の 70 ~ 90% を囲む商圏が店舗の実勢商圏になります。

実勢商圏

同心円商圏(リング商圏)

店舗を中心として半径を指定し、作成される円形の商圏です。最も単純で予備的な分析で広く使われる商圏タイプです。

リング商圏

道路距離/時間商圏

道路ネットワークデータを使用して、店舗からの道路距離または道路を通行した場合の所要時間に基づき作成される商圏です。河川や道路形状を加味して、より現実に近い商圏を作成できます。

道路距離/時間商圏

限界値商圏

店舗から外側に向かって、指定した限界値(人口総数など)に達する地点が境界線となる商圏です。たとえば、20,000 人をカバーするのに最低限必要な範囲を把握することができます。

限界値商圏





Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る