ビジネスマップ用語集 > 商圏関連 > カニバリゼーション

ビジネスマップ用語集

カニバリゼーション

カニバリゼーション(cannibalization)とは、自社同士で顧客を奪い合って売上や利益を「共食い」してしまう現象のことをいいます。エリアマーケティングにおいては、顧客分布をもとに実勢商圏を作成することで、店舗ごとに顧客のカニバリゼーションを確認できます。

下の例では、各店舗の顧客を異なる色のポイント(点)、実勢商圏を異なる色のポリゴン(面)で表現しており、真ん中の店舗 B が店舗 A および D とカニバリゼーションを起こしていることが分かります。

カニバリゼーション





Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る