ビジネスマップ用語集 > その他 > フランチャイズ方式

ビジネスマップ用語集

フランチャイズ方式

フランチャイズ方式とは、製品開発や販売などのノウハウを持った企業が、それらを使ったビジネスの特定地域における営業権(フランチャイズ権)を加盟店に供与し売り上げや仕入れなどのロイヤルティを徴収する仕組みです。ノウハウを供与する側を「フランチャイザー」、供与を受ける側を「フランチャイジー」と呼びます。

加盟店は、本部から提供されるマークや商標などの標識を使用し商品販売やサービスの提供などビジネスに関する支援を得られ経営を安定させやすいが、ロイヤルティの支払い義務や販売のノルマなど経営の自由が制約されるなどのデメリットも存在します。





Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る