製品 > Esri CityEngine > 動作環境 > Esri CityEngine 2015.2

Esri CityEngine

Esri CityEngine 2015.2

サポートされるオペレーティングシステム最下位
バージョン
最上位
バージョン
Windows 10 Pro および Enterprise (64 bit [EM64T])*  
Windows 8.1 Pro および Enterprise (64 bit [EM64T])Update: April 2014 
Windows 8 Pro および Enterprise (64 bit [EM64T])  
Windows 7 Ultimate, Enterprise, Professional, Home Premium (64-bit [EM64T])SP1 
Windows Server 2012 R2 Standard および Datacenter (64 bit [EM64T])Update: April 2014 
Windows Server 2012 Standard および Datacenter (64 bit [EM64T])  
Windows Server 2008 R2 Standard, Enterprise および Datacenter (64 bit [EM64T])SP1 
Mac OS X 10.10 (Yosemite) (64 bit), Intel のみ  
Mac OS X 10.9 (Mavericks) (64 bit), Intel のみ  
RedHat Enterprise Linux 6 (64-bit) 最新保守更新

* Windows 10 のサポートは CityEngine 2015.1 以降です。

注意:同時使用(Concurrent Use)ライセンスをご利用の場合は、ライセンスマネージャの動作環境 もご確認ください。

ハードウェア要件

 CityEngine
CPU 速度

2GHz デュアルコア CPU 以上(Pentium4 適合 Intel/AMD)

メモリー/RAM

8 GB 以上(16GB 以上を推奨)

ディスクスペース

1 GB 以上

ビデオ/グラフィックスアダプター

NVIDIA: Geforce 6xxx / Quadro またはその上位機種の NVIDIA グラフィックスカード

AMD: Radeon X1600 またはその上位機種の AMD グラフィックスカード

最新のドライバーを使用すること(OpenGL 2.0 以降)

ネットワーク

ネットワーク アダプタ必須

動作環境のよくある質問(FAQ)

    • 大きな 3D シーンを扱う場合、RAM はどのくらい必要でしょうか?
      16 GB 以上を推奨します。
    • “OpenGL version” エラーを回避するには?
      ご使用のグラフィックス カードが OpenGL 2.x の動作条件を満たしていることを確認した上で、OpenGL 2.x スタンダードを実行できるようにドライバーをアップデートしてください。グラフィックス カードが OpenGL 2.0 対応でない場合、新しいカードを購入する必要があります。
    • 最新の OpenGL ドライバーはどこからダウンロードできますか?
      OpenGL ドライバーは通常、グラフィックスドライバーやサポートソフトウェア(DirectX 等)と同時にインストールされますが、最新ではないこともあります。メーカーのウェブサイトからNVIDIA や AMD/ATI または Intel の最新のドライバーをダウンロードすることを推奨します。
    • CityEngine は仮想マシン上で動作しますか?
      はい。ただし、仮想環境用に設計されたGPUにより適切に構成された環境である必要があります。

 

 

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る