製品 > ArcGIS for Desktop > 動作環境 > ArcGIS 10.2 for Desktop 動作環境

ArcGIS for Desktop

ArcGIS 10.2 for Desktop 動作環境

サポートするオペレーティング システム

サポートするオペレーティング システム 最小バージョン 最大バージョン
Windows 8 Basic、Professional、Enterprise(32-bit、64-bit(EM64T))    
Windows 7 Ultimate、Enterprise、Professional、Home Premium(32-bit、64-bit(EM64T))   SP1
Windows Vista Ultimate、Enterprise、Business、Home Premium(32-bit、64-bit(EM64T)) SP2 SP2
Windows XP Professional Edition、Home Edition(32-bit) SP3 SP3
Windows XP Professional Edition、Home Edition(64-bit(EM64T)) SP2 SP2
Windows Server 2012 Standard、Datacenter(64-bit(EM64T))    
Windows Server 2008 R2 Standard、Enterprise、Datacenter(64-bit(EM64T))   SP1
Windows Server 2008 R2 および Citrix XenApp 6 と Citrix XenApp 6.5 * SP1 SP1
Windows Server 2008 Standard、Enterprise、Datacenter(32-bit、64-bit(EM64T)) SP2 SP2
Windows Server 2003 Standard、Enterprise、Datacenter(32-bit、64-bit(EM64T)) SP2 SP2
Windows Server 2003 Terminal Services SP2 SP2

* Citrix ICA Online Plug-in for Windows 13.1 を使用することで、Citrix XenApp 6 と XenApp 6.5 および Windows Server 2008 R2 でホストされるアプリケーションとしてサポートします。3D アプリケーション(ArcGIS 3D Analyst の ArcGlobe、ArcScene など)は、リモート デスクトップや Windows Terminal Services クライアント上では最適な状態で動作しません(OpenGL 3D グラフィックス アクセラレータをサポートしないため)。Citrix XenApp 環境における ArcGIS for Desktop の利用に関する情報については、こちらをご参照ください。

ハードウェア要件

CPU の速度 2.2 GHz 以上
ハイパースレッディング(HTT)、またはマルチコア推奨
プロセッサ Intel Core Duo、Intel Pentium 4、Intel Xeon プロセッサ(SSE2 以上)
マルチ プロセッサのサポートについて
メモリ / RAM 2 GB 以上
画面のプロパティ 24 ビット カラー
画面の解像度 通常サイズ(96dpi)で 1024 x 768 ピクセル以上(推奨)
スワップ スペース 500 MB(必須) ※オペレーティング システムに依存
ディスク容量 2.4 GB

追加で、Windows のシステム ディレクトリ(通常は、C:WinntSystem32 フォルダ)にインストールされる容量(最大 50 MB)が必要になります。各製品コンポーネントに必要なディスク容量は、ArcGIS をインストールするセットアップ プログラムで確認できます。

ArcGIS 3D Analyst 製品の ArcGlobe を使用する場合は、キャッシュ ファイルを作成するので、追加のディスク容量が必要になる場合があります。

ビデオ / グラフィック アダプタ

NVIDIA、ATI、Intel チップセットをサポート

メモリ/RAM の要件:64MB(必須)、256MB以上(推奨)

24 ビット対応のグラフィックス アクセラレータ

OpenGL 2.0 以上のランタイムが必要、Shader Model 3.0 以上を推奨

最新のドライバをご使用ください。

ネットワーク ハードウェア ライセンス マネージャには、簡易 TCP/IP、ネットワーク カード、Microsoft Loopback Adapter のいずれかが必要です。

動作環境チェック ツール

お使いのコンピュータが ArcGIS for Desktop の動作環境を満たしているかを以下のサイトで確認することができます。

Can your computer run ArcGIS?

ソフトウェア要件

Python 要件 ArcGIS for Desktop ジオプロセシング ツールの中には、Python スクリプト言語を使用したツールがあるため、Python 2.7.x と Numerical Python 1.6.x がインストールされている必要があります。 ArcGIS for Desktop をインストールするコンピュータに Python 2.7.x と Numerical Python (NumPy) 1.6.x が存在しない場合、ArcGIS for Desktop のインストーラにより、Python 2.7.3 と Numerical Python 1.6.1 がインストールされます。インストールの種類で [カスタム] を選択すると、Python 関連のインストールを選択解除でき回避することができます。ArcGIS for Desktop のインストール中に Pyhton のセットアップが実行されると、Python のインストール場所を選ぶことができます。Python のインストール場所にスペースを含めないようにしてください。
Microsoft .NET Framework 要件 Microsoft .NET Framework を使用して開発したソリューションのために、ArcGIS for Desktop をインストールする前に .NET Framework 3.5 SP1 がインストールされている必要があります。
ブラウザ要件 ArcGIS for Desktop を使用するには、Microsoft Internet Explorer 7、 8、9、10 が必要です。Microsoft Internet Explorer がインストールされていない場合は、ArcGIS for Desktop をインストールする前に、インストールする必要があります。

対応プリンタ

ArcGIS は Microsoft が認証したすべての Windows プリンタで、ArcGIS のネイティブ ドライバを使用して印刷が行えます。 プリンタ ドライバによっては、表現が複雑なマップに対応していないため、ArcPress プリンタ ドライバや追加のハードウェアが必要になる場合もあります。

ArcPress プリンタ ドライバで大判のマップを印刷する時に推奨する設定

  • 大判で表現が複雑なマップを印刷できない場合は、コンピュータを再起動して、ページファイル システムをクリアにしてください。ページファイル システムが専用のドライブやパーティションに格納されていない場合、ドライブが断片化されないようにしてください。
  • ディスク容量: ArcPress がマップを処理する際に、大容量のテンポラリ ファイルが作成される可能性があるため、%TEMP% フォルダがあるドライブには少なくとも 10 GBの空き領域が必要です。

ライセンス マネージャ要件

サポートするオペレーティング システム 最小バージョン 最大バージョン
Windows 8 Basic、Professional、Enterprise(32-bit、64-bit [EM64T])    
Windows 7 Ultimate、Enterprise、Professional、Home Premium(32-bit、64-bit [EM64T])   SP1
Windows Vista Ultimate、Enterprise、Business、Home Premium(32-bit、64-bit [EM64T]) SP2 SP2
Windows XP Professional Edition、Home Edition(32-bit) SP3 SP3
Windows XP Professional Edition、Home Edition(64-bit [EM64T]) SP2 SP2
Windows Server 2012 Standard、Datacenter(64-bit [EM64T])    
Windows Server 2008 R2 Standard、Enterprise、Datacenter(64-bit [EM64T])   SP1
Windows Server 2008 Standard、Enterprise、Datacenter(32-bit、64-bit [EM64T]) SP2 SP2
Windows Server 2003 Standard、Enterprise、Datacenter(32-bit、64-bit [EM64T]) SP2 SP2
Red Hat Enterprise Linux Server 5(32-bit、64-bit) Update 7 以上 とlibX11-1.0.3-11 パッチ 最新アップデート
Red Hat Enterprise Linux Server 6(32-bit、64-bit)* Update 1 最新アップデート

* [License Server Administrator] と [Software Authorization Wizard] を起動するには、OpenGL が必要です。

ライセンス マネージャのハードウェア要件は、上記の ArcGIS 10.2 for Desktop ハードウェア要件と同じです。

ArcObjects SDK 要件

ArcGIS for Desktop SDK サポートおよび推奨する統合開発環境 SDK 要件 ディスク容量
ArcObjects SDK for the Microsoft .NET Framework

Microsoft Visual Studio 2010 (C#、VB.NET) Professional、Premium、Ultimate Edition

Microsoft Visual Studio 2010 Visual Basic Express

Microsoft Visual Studio 2010 Visual C# Express

Microsoft Visual Studio 2012 (C#、VB.NET) Professional、Premium、Ultimate Edition

ArcObjects SDK を使用して開発を行うには、ArcGIS for Desktop、ArcGIS Engine、または ArcGIS for Server のいずれかが必要です。

Microsoft .NET Framework 3.5 SP1

938 MB

オペレーティング システム要件および制限事項

  • すべてのプラットフォーム
    64 ビット プロセッサのサポート
  • Windows
    Windows 7 制限事項

    3D アプリケーション(ArcGIS 3D Analyst の ArcGlobe、ArcScene など)は、リモート デスクトップや Windows Terminal Services クライアント上では最適な状態で動作しません(これら構成が OpenGL 3D グラフィックス アクセラレータをサポートしないため)。

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る