ニュース > ArcGIS API for JavaScript が Ver.4.1 にバージョンアップ

ニュース

ArcGIS API for JavaScript が Ver.4.1 にバージョンアップ

 

今回のバージョンアップでは、ダイナミック マップ サービス レイヤーのシンボルやラベル表示といったサーバー サイドのレンダリング情報をクライアントで動的に変更するための機能がサポートされました。また、Drone2Map for ArcGIS によって作成された 3D マッピング データを表示するための統合メッシュ レイヤーが新たにサポートされています。

詳しくは新機能ページをご参照ください。

ArcGIS API 4.1 for JavaScript 新機能

 

なお、バージョン 3.x をお使いの方は「バージョン 4.x と 3.x の選択」を参考に移行をご検討ください。

dinamicsublayers_javascript

掲載種別

関連製品

掲載日

  • 2016年10月21日

Copyright© 2002-2016 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る