ニュース > ESRIジャパン GISメルマガ 2016年4月18日号

ニュース

ESRIジャパン GISメルマガ 2016年4月18日号

 

╋╋・‥… 目次 …‥・╋╋
イベント情報
今月の地図
活用事例紹介
ArcGISブログのご紹介
ESRIジャパン便り
━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

この度の平成28年熊本地震により被災された皆様ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

皆様の安全と被災地の一日も早い復旧、復興を心よりお祈り申し上げます。

 

┏……………………………………………………………………┓
   イベント情報
┗……………………………………………………………………┛

◆ 第12回 GISコミュニティフォーラム開催のお知らせ(事前登録制・無料)

第12回を迎える本フォーラムでは、GISプラットフォームが

IoT、インドアマッピング、ドローンなどのテクノロジと融合し

どのようにソリューションを生み出すことができるのか

皆様と考えてまいります。

■GISコミュニティフォーラム

2016年5月26日(木) 10:00-17:40 (受付開始 9:30)

2016年5月27日(金) 10:00-17:30 (受付開始 9:30)

■プレフォーラム・セミナー

2016年5月25日(水) 11:30-17:30 (受付開始11:00)

■会場:東京ミッドタウン ホール&カンファレンス(東京都港区赤坂9-7-1)

————————–

【基調講演者情報】

・5月26日(木)午後の部 13:30~15:50

「人口減少時代の処方箋」

 野村総合研究所 顧問 東京大学 公共政策大学院 客員教授 元総務大臣

 増田 寛也 氏

「位置情報活用が組織にもたらす新たな価値とは(仮題)(同時通訳)」

 米国Esri社 コーポレートディレクター

 Dean Angelides(ディーン アンジェリディス)

・5月27日(金)午後の部 13:30~15:00

「IoT/M2Mがもたらす予測ビジネスと未来社会」

 ソフトバンク株式会社 法人事業開発本部 事業戦略企画室長

 荒木 健吉 氏

「しなやかな社会を創る防災情報共有システムのかたち」

 国立研究開発法人 防災科学技術研究所 理事長

 ソフトバンク株式会社 法人事業開発本部 事業戦略企画室長

 林 春男 氏

————————–

【事例発表】

・「地上レーザ測量やUAVを用いた3次元景観情報の取得と評価」 東京大学様

・「若手職員が中心となったGIS導入事例と環境分野における活用事例」 五泉市様

・「浜松市における災害対応GISの取り組みについて」 浜松市様

・「長野市統合型GISの紹介」 長野市様

・「ウナギを育む、豊かな森川里海の絆と幸福な人の暮らし」

  国立研究開発法人 国立環境研究所様様

  他、多数。

————————–

【主な内容】

・テクニカルセッション

 ArcGIS、ArcGIS Online、モバイルGIS、Location Analytics、

 3D都市モデリングソフト等のEsri製品や画像処理製品の最新情報を

 ご紹介します。

・ソリューションセッション

 導入事例を中心とした、分野・テーマに特化したソリューションを

 ご紹介します。

 ◇IoT・ビッグデータ ◇オープンデータ ◇農業 ◇建設コンサルタント

 ◇森林 ◇教育 ◇防衛 ◇防災 ◇生物多様性 ◇保健医療

・体験セミナー

 ArcGISを実際に操作し、2D&3Dマップの作成やスマホ・タブレットによる

 野外調査を体感することができます(複数回開催)。

 ※当日会場インフォメーションでお申し込みが必要です。

・ArcGIS ご相談コーナー

 会場場内において、ArcGIS全般に関するご相談を受け付けるコーナーを

 設置します。

————————–

【マップギャラリー】

ユーザの皆様の研究成果をご紹介する「マップギャラリー」を開催いたします。

奮ってご応募ください。

————————–

【懇親会】

日 時: 5月26日(木) 17:40~

会 場: 東京ミッドタウン・ホールA 展示会場内(地下1階)

参加費: 2,000円

※チケットは当日インフォメーションカウンターにてお求めください

⇒参加登録はこちらよりお願いいたします。

※プログラムの内容は予告なく変更される場合があります。

世界各国からの参加者増加により、会場周辺ホテルの手配が難しくなっております。

参加される場合はお早めに手配をお願いいたします。

詳細はこちらをご覧ください。

 

————————–

◆ 2016年 米国Esriユーザー会 開催概要

世界最大規模のGISイベント Esriユーザー会(Esri International User

Conference)まで2ヶ月となりました。ユーザー会は今年も、米国

カリフォルニア州サンディエゴにて開催されます。(事前登録制・有料)

【Esriユーザー会】

会期:2016年6月27日(月)~7月1日(金)

事前登録締切:2016年6月3日(金)

⇒登録はこちら(英語)

●各種募集状況(2016年4月現在)

・マップギャラリー:募集中

 ※パネル位置の指定は先着順となります。

・ユーザーアプリケーションフェア:募集中

 世界各国からの参加者増加により、会場周辺ホテルの手配が難しくなって

 おります。参加される場合はお早めに手配をお願いいたします。

 

┏……………………………………………………………………┓
  今月の地図
┗……………………………………………………………………┛

今月は過去3年のマップギャラリー第1位受賞作品をご紹介します

 

 

┏……………………………………………………………………┓
  活用事例紹介
┗……………………………………………………………………┛

 

 

┏……………………………………………………………………┓
  ArcGISブログのご紹介
┗……………………………………………………………………┛

最近掲載した記事をご紹介します

 

 

┏……………………………………………………………………┓
  ESRIジャパン便り
┗……………………………………………………………………┛

 

UCの見どころTOP 25!

Esriユーザー会(Esri International User Conference)の開催まで2ヶ月となりました。米国カリフォルニア州サンディエゴで開かれるUCの見どころを集めたストーリーマップを紹介します。プレナリーセッションだけにとどまらないUCの魅力をストーリーマップを通して感じてください。

 

※上の画像をクリックするとストーリーマップ「Top 25 Things to Experience When You Visit the Esri User Conference」ページへ飛びます。

空間把握の能力を発揮して「Whrer in the World?これは世界のどこ?」クイズに答えて、賞をもらおう!

衛星から撮影された12のサテライトイメージの位置を正しく答えてください。

※上の画像をクリックするとVimeo「Test Your Geographic IQ」ページへ飛びます。

無料のトレーニングを受けよう!

45分の隙間時間をみつけたら、Hand-On Learning Labが提供するArcGISの自己学習用のトレーニングを受講してみましょう。もちろん質問があれば、ESRIのインストラクターがあなたの質問に直接答えます。

※上の画像をクリックするとVimeo「Take Training, for Free!」ページへ飛びます。

地理(Geography)をもっと”楽しく”学ぼう!

5-14歳のKidsを対象としたコーナーもあります。地理・空間的クイズを通して、世界のあらゆる名所を地図で巡ります。

※上の画像をクリックするとVimeo「Learn Geography the Fun Way」ページへ飛びます。

夕日に向かってBikeに乗ろう!

終日プレゼンテーションやテクニカルセッションを聴講した後は、自転車をレンタルしてサンディエゴの街を駆け巡ろう。2,000kmを超えるバイク・ロードが整備されています。

下の写真をクリックしてサンディエゴのバイク・ロードマップをご覧ください。

※上の画像をクリックするとiCommuteが作成した「Bikeways in the San Diego Region」インタラクティブマップへ飛びます。

 

 

掲載種別

掲載日

  • 2016年4月19日

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る