ニュース > ESRIジャパン GISメルマガ 2016年3月15日号

ニュース

ESRIジャパン GISメルマガ 2016年3月15日号

 

╋╋・‥… 目次 …‥・╋╋
イベント情報
お知らせ
今月の地図
活用事例紹介
ArcGISブログのご紹介
ESRIジャパン便り
GISコミュニティ
━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

 

┏……………………………………………………………………┓
   イベント情報
┗……………………………………………………………………┛

◆ 2016 米国Esriユーザ会のご案内

世界最大規模のGISイベント Esriユーザ会(Esri International User Conference)が、

米国カリフォルニア州サンディエゴにて開催されます。(事前登録制・有料)

【Esriユーザ会】

 会期:2016年6月27日(月)~7月1日(金)

 事前登録締切:2016年5月13日(金)

【各種募集状況】(2016年2月現在)

 ブース出展:募集中

【Esriユーザ会参加ツアー】

詳細はこちらをご覧ください。

世界各国からの参加者増加により、会場周辺ホテルの手配が難しくなっております。

参加される場合はお早めに手配をお願いいたします。

詳細はこちらをご覧ください。

◆ 第5回 Esri Young Scholars Award のご案内

米国Esri社は、ArcGISを使って研究を行っている学生の皆様を対象に

「Esri Young Scholars Award」を募集します。

あなたの日頃の研究成果を、ぜひご紹介ください!

【表彰と副賞】

 受賞者を、第36回 Esriユーザ会(米国カリフォルニア州サンディエゴ、

 (2016年6月27日(月)~7月1日(金))にご招待いたします。

世界各国のGISユーザと会えるこの機会は、学生の皆様にとっても

多くの刺激を受けられる良い機会です。

たくさんのご応募お待ちしております。

詳細はこちらをご覧ください。

 

 

┏……………………………………………………………………┓
   お知らせ
┗……………………………………………………………………┛

◆  日本テレビ「news every.」でArcGISプラットフォームを活用した「あなたのまちの直下型地震」が紹介されました。

京都大学防災研究所が公開したWebアプリケーション

「あなたのまちの直下型地震」は、任意の地点で発生した地震の震度分布や家屋、

人的などの各種被害状況やライフラインの復旧想定をスクロールするだけで順番に

参照できるストーリー マップです。

本サービスを、ArcGISを用いて分析したいという要望が

両社に寄せられていました。こうした背景のもと、このたびナイトレイ

ESRIジャパンは共同で「メッシュ型インバウンドデータ」の提供を開始しました。

利用者はより柔軟なインバウンド分析を行う事が可能となります。

詳細はこちら

 

 

◆ 愛知県警がArcGIS Onlineで自庁内更新型システム「安心・安全マップ」の運用を開始しました

本システムを用いることで、愛知県警は警察内部で管理するデータを

外部委託業者に手渡すことなく、スピーディーに庁内で更新すること

(「自庁内更新型システム」の実現)が可能となりました。

愛知県警察「安心・安全マップ」はこちらについて詳細はこちら

 

◆ 第12回 GISコミュニティフォーラム GIS データのエラー チェック参加者募集

GIS データの品質管理専門のエクステンションである ArcGIS Data Reviewer

を使用して、ユーザーが作成した GIS データのエラーヘルス チェックを行います。

お手持ちのGISデータの正確性を確認してみたい方はは是非ご応募ください。

⇒募集数 5件(1企業 1件までとさせていただきます)

⇒データ提出期限:2016年4月1日(金) 必着

詳細はこちら

 

 

┏……………………………………………………………………┓
  今月の地図
┗……………………………………………………………………┛

◆ 国内外から様々なマップをご紹介しています

 

 

┏……………………………………………………………………┓
  活用事例紹介
┗……………………………………………………………………┛

 

 

┏……………………………………………………………………┓
  ArcGISブログのご紹介
┗……………………………………………………………………┛

最近掲載した記事をご紹介します

 

 

┏……………………………………………………………………┓
  ESRIジャパン便り
┗……………………………………………………………………┛

 

The Uprooted (祖国を追われて)

戦争や紛争によって住居を追われた難民の総数は、5,000万人を超え世界第二次世界大戦以降、最大の数に上ります。その中でもシリア難民の数は400万人に上り、その4分の1以上がギリシャ・バルカン半島を超え、西ヨーロッパを目指しEU諸国に流入しています。

 

– ストーリーマップジャーナルで綴る過去最多のシリア難民 –

※上の画像をクリックすると「GIS 基礎解説」ページへ飛びます。

今回紹介しているストーリーマップでは、ハンガリーまでたどり着いた難民たちがブダペストの駅で亡命を求めている様子や亡命者の数の変化を 写真・ビデオ・グラフをふんだんに織り込みシリア難民の今を伝えます。

3Dの世界地図では、シリア難民の移動の軌跡を示しています。

これらから世界経済・政治へとどういった波紋が広がっていくのでしょうか。

 

 

┏……………………………………………………………………┓

  GISコミュニティ

┗……………………………………………………………………┛

【参加登録受付中】GIS Day in 関西2016

日 時:2016年3月20日(日) 10:00 ~ 16:30 

会 場:奈良大学

参加費:無 料

講習会受講料(資料テキスト代):2000円

内容:ESRIジャパン株式会社による GIS の体験講座

弊社展示ブースで、ソフトウェアや 3D をご紹介。

また、ArcGIS Onlineや3次元に関する実習コーナを開催します。

⇒詳細はこちら

掲載種別

掲載日

  • 2016年3月15日

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る