ニュース > 愛知県警がArcGIS Onlineで自庁内更新型システム「安心・安全マップ」の運用を開始

ニュース

愛知県警がArcGIS Onlineで自庁内更新型システム「安心・安全マップ」の運用を開始

 

ESRI ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:正木 千陽 (以下、「ESRIジャパン」) のクラウドサービス ArcGIS Onlineが愛知県警察本部 (以下、「愛知県警」) の地域住民向けの犯罪・交通事故発生状況公開システムとして採用され、自庁内更新型システム「安心・安全マップ」の運用を開始しました。

愛知県内の平成27年(2015年)の侵入盗と自動車盗の被害件数は、全国ワースト1位を記録(※)しており、地域住民に向けた安全対策のための情報発信が求められていました。

こうした背景のもと、犯罪・交通事故発生状況公開システムが構築されました。本システムを用いることで、愛知県警は警察内部で管理するデータを外部委託業者に手渡すことなく、スピーディーに庁内で更新すること(「自庁内更新型システム」の実現)が可能となりました。

「安心・安全マップ」には、1.犯罪発生情報、2.不審者等情報(発生マップ&事案概要)、3.交通事故発生情報の3つがあり、犯罪や交通事故の発生情報は地図上に表示され、事件・事故の多発地点、発生時間帯グラフなどを確認することができます。

本システムは、いつどこでどのような犯罪・交通事故が起こっているかを住民に公開することにより、地域での安全への意識を高め、防犯・交通安全対策に貢献します。

開発:(株)オージス総研

*1 出典:出典:警察庁刑事局捜査支援分析管理官「犯 罪 統 計 資 料 平 成 27 年 1~12月 分【確定値】」

 

 

愛知県警「安心・安全マップ」のイメージ

犯罪発生情報:「侵入盗」、「住宅対象侵入盗」、「ひったくり」など犯罪の種類別に発生地域、発生時間帯を確認することができる。

 

不審者等情報(発生マップ&事案概要)

 

「安心・安全マップ」はこちら:愛知県警察 安心・安全マップ

■ArcGIS Onlineについて

ArcGIS Online は、誰もがマップを作成、利用できる位置情報ポータル環境のクラウドサービスです。誰でも簡単にマップを作成し、利用できる Web GIS プラットフォームにより、組織のデータを常に最新に保つことができ、いつでも必要とする情報にアクセス・公開できます。

ArcGIS Onlineの詳細

■ 商標に関する表示

・記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。

 

会社概要

ESRIジャパン株式会社
本社所在地:〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-1 塩崎ビル
代表者:代表取締役社長 正木 千陽
設立:2002 年(平成14 年)4 月1 日
事業内容:GIS ソフトウェアの販売、及び関連サービス(サポート、トレーニング、コンサルティングサービス)の提供
Tel: 03-3222-3941
Fax: 03-3222-3946
お問い合わせはこちら

掲載種別

掲載日

  • 2016年3月8日

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る