ニュース > Esri CityEngine 2015.0 リリース!

ニュース

Esri CityEngine 2015.0 リリース!

 

CityEngine の最新バージョン 2015.0 を 6 月 5 日に国内リリースしました。CityEngine 2015.0 では、いくつかの機能で操作性を向上するための大幅な改善がなされました。

 

CityEngine2015.0リリース

 

レイヤーを管理する Scene Editor では、ArcGIS ライクなチェックボックスによるレイヤーの表示/非表示切り替えに加え、グルーピングや編集のロック、色付けによるハイライト、文字列検索といった機能が実装され、レイヤーの効率的な操作や編集を実現しました。

また、日影や環境遮蔽のレンダリングが高速化され、大量のモデルを含むシーンでも快適に表示されるようになりました。同時に日影の設定が独立したダイアログで行えるようになり、この中で時刻をスライダー バーで動的に指定する日影シミュレーションも可能となりました。

CGAでは、プロシージャル ハンドルという機能が実装され、ルールに組み込んだ属性を3D Viewport上で直接変更することで、より直観的かつビジュアルに建築物をデザインすることができるようになりました。

その他、データ エクスポートの速度向上と ArcGIS Online への共有ワークフローの改善、Esri ファイルジオデータベースの高度サポートなど、処理の効率化と操作性の向上に重点を置いたリリースとなっています。

 

【Esri CityEngine とは】

Esri CityEngine は大規模な 3D 都市モデルをプロシージャル技術により効率的に作成することのできる 3D モデリングソフトウェアです。既存のGIS データや CG モデルを基に、ルールにより街並みの 3D モデルを構築します。作成したモデルは ArcGIS 3D Analyst に持ち込んで 3D 解析や景観シミュレーションを行ったり、CG ソフトウェアに持ち込んで映像やゲーム、バーチャルリアリティの作成をすることができます。

 

関連リンク

CityEngine 2015.0 新機能

掲載種別

関連業種

  • 都市計画
  • 報道・出版・メディア


関連製品

掲載日

  • 2015年6月5日

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る