ニュース > ArcGIS Online をバージョン アップしました!

ニュース

ArcGIS Online をバージョン アップしました!

 

2014年 12 月 11 日に、クラウド GISであるArcGIS Online の最新バージョンをリリースいたしました。
今回の ArcGIS Online バージョンアップにおける主な機能追加・機能改善の内容は以下の通りです。

注)バージョンアップされた内容を確実にご利用いただくために、お使いの Web ブラウザのキャッシュ(インターネット一時ファイル)を削除してください。主な Web ブラウザのキャッシュ削除方法については、以下のリンク先をご参照ください。

1. 3D シーン ビューア(ベータ版)

Web ブラウザで 3D シーン(Web シーン)の作成や表示を行える「3D シーン ビューア」がベータ版として追加されました。ArcGIS Pro からアップロードした 3D シーンや、ArcGIS Online(または ArcGIS for Server)から配信されるオンライン レイヤを使用して Web シーンを作成することができます。
3D シーン ビューア(ベータ版)

Web シーンのサンプルはこちらでご覧いただけます。

注 1)現在、3D シーン ビューア は開発中の ArcGIS Online コンポーネントであり、「ベータ版」としてご提供します。ベータ版のコンポーネントは、機能やドキュメントが不完全な場合や、公表されない小さな変更を含んでいる場合があります。
注 2)3D シーン ビューアは、WebGL をサポートする Web ブラウザでのみ動作します。お使いの Web ブラウザが WebGL をサポートしているかどうかは、get.webgl.org へアクセスすることでご確認いただけます。現時点では、Firefox または Google Chrome の最新版をおすすめいたします。

 

2. 2 段階認証のサポート

組織のメンバーが ArcGIS Online 組織サイトへサイン インする際に、従来のユーザ ID とパスワードの組み合わせだけでなく、2 段階認証を使用するように設定することができるようになりました。
ArcGIS Online での 2 段階認証は、ユーザ ID とパスワードを入力した後、スマートフォン用の認証アプリケーションである「Google Authenticator(iOS版Android 版)」から発行される 6 桁の数字を入力することでサイン インが完了します。
2段階認証

 

3. 組織のステータス管理画面を強化

組織のステータス管理画面に、これまでは別個のアプリケーション(Activity Dashboard)として提供されていた機能が組み込まれました。これにより、組織内のコンテンツ、メンバー、グループ、サービス クレジット消費の状況をわかりやすく視覚化することができます。

 

4. 構成可能なアプリケーション テンプレート

・マップおよびアプリケーション ギャラリー
ArcGIS Online のグループに登録されたマップ、アプリケーション、およびその他のコンテンツのコレクションを 1 箇所に集めてアクセスできるようにした構成可能なテンプレートです。今回のアップデートにより、テンプレート ギャラリーから選択してご利用いただけるようになりました。

・Compare Maps
最大 4 つの Web マップを比較して表示できる新しいテンプレートです。このテンプレートは現時点ではベータ版であり、「Early Adopter Templates」ギャラリーからアクセスすることができます。

 

5. Web AppBuilder for ArcGIS

Web AppBuilder for ArcGIS が正式リリース版となりました。

6. ArcGIS Open Data の改善

今回のアップデートにより、オープンデータのカタログサイト上に表示するマップを、従来のライトグレー キャンバス マップと衛星画像マップ以外も、ArcGIS Online から提供されているベースマップの中から選択できるようになりました。

 

関連リンク

ArcGIS Online 製品ページ

ESRIジャパン オープンデータポータル

掲載種別

関連製品

掲載日

  • 2014年12月19日

Copyright© 2002-2016 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る