ニュース > 気象ビッグデータの「時空間連携可視化システム」構築

ニュース

気象ビッグデータの「時空間連携可視化システム」構築

 

気象ビッグデータ活用の新たな段階へ。OSIsoftジャパン、ESRIジャパン、東京大学による産学連携プロジェクトが生んだ「時空間連携可視化システム」構築のご報告

 

OSIsoftジャパン株式会社(代表取締役社長:安並 裕、以下 OSIsoft ジャパン)とESRIジャパン株式会社(代表取締役社長:正木 千陽、以下 ESRIジャパン)は、国立大学法人東京大学(総長:濱田 純一、以下 東京大学)との共同研究の成果として気象情報の時空間連携可視化システムを構築しました。本日2014年12月16日よりデモサイトを公開いたします。

この度の取り組みは、「Live E! プロジェクト(注1)」のシステム及びソラテナ(注2)の生成する、研究教育目的で提供されてきた気象ビッグデータを、時間的および空間的な側面で統合的に分析可能とするものです。

膨大な気象データを、「見て、動かせる天気図」として再現

本システムには、ビッグデータを高速かつ効率的に時系列で長期間蓄積する米国OSIsoft社のPI Systemと、リアルタイムGISの機能を実装している米国Esri社のArcGIS GeoEvent Extension for Serverという2つの異なる製品を連携するために新しく開発されたインターフェース機能を持つPI Integrator for Esri ArcGIS(OSIsoft社製品)が採用されています。これにより、新たなプログラムを開発することなく、時系列に管理されたビッグデータとリアルタイムGISのシステムがシームレスに連携され、結果として約3,000拠点(約21,000点の気象センサー)の気象ビッグデータをリアルタイムに地図上に表示し時間軸でも管理することが容易になりました。

本システムにより気象ビッグデータに関する時系列的かつ地理空間的な分析が容易かつ詳細に可能となるため、今後様々な新しい検証実験への活用が期待されます。さらに、本システムは、気象データ分析に留まらずM2M、IoT、IPv6、ユビキタス社会等といったビッグデータに関連する様々な分野への応用が期待されます。
本システムのデモ、関連動画はこちらで公開しています。

開発の背景

2012年度から東京大学、KDDI株式会社(代表取締役社長:田中 孝司、以下 KDDI)、株式会社ウェザーニューズ(代表取締役社長:草開 千仁、以下 WNI)による気象デジタル情報に関するビッグデータのシステムアーキテクチャとその応用に関する共同研究活動が、産学連携研究コンソーシアム「Live E! プロジェクト」との協調・連携のもと進められています。

2013年6月より「Live E! プロジェクト」のメンバーである株式会社ユビキタス(代表取締役社長:佐野 勝大)の技術支援を得ながら、KDDIとWNIが構築したソラテナが生成する気象ビッグデータと、「Live E! プロジェクト」が構築した産学連携による気象ビッグデータを統合化し、同プロジェクトを通じて、気象ビッグデータを研究教育目的に広く提供するオンラインサービスがスタートしております。この流れを受け、「Live E! プロジェクト」のメンバーであるOSIsoftジャパンと、そのパートナーのESRIジャパンが実証実験に参画し、本システムが構築されました。

 

(注1) Live E! プロジェクト
WIDEプロジェクト(代表:東京大学大学院情報理工学系研究科 教授 江崎 浩)およびIPv6普及高度化推進協議会(会長:慶應義塾大学環境情報学部 教授 村井 純)が、2005年に江崎教授を代表として発足させた産官学連携の研究開発協議会である。個人や組織により設置運営される「デジタル百葉箱」等が自律的に生成・取得する、気象情報や都市活動に関する情報など、広義の地球(Earth)に関する生きた(Live)環境(Environment)情報が自由に流通し共有される電子(Electronics)情報基盤を形成発展させ、自律的で自由な環境情報の利用法、安心安全で効率性の高い活動空間(=環境)の創造を目指している。地球温暖化対応のような環境保護対策での利用はもちろんのこと、教育、公共サービス、ビジネスアプリケーションなどの分野での自由で自律的な利用法について、積極的な働きかけを行うことを活動の趣旨にしている。
代表:江崎 浩
Live E! ~活きた地球の環境情報~
参加企業・団体

(注2) ソラテナ
「ソラテナ」は、au基地局の一部(全国約3,000箇所)に設置した気象観測装置から収集した、日照や紫外線など7種類の精度の高い気象データを元に、擬人化したアンテナ「ソラテナ」が、周辺のお天気情報を自分の体感情報として、コミュニケーション形式でお客さまと共有するサービスです。KDDI株式会社、株式会社ウェザーニューズ、東京大学により教育研究目的でオンライン公開されています。
ソラを見守るアンテナ「ソラテナ」

■ OSIsoftジャパン株式会社について
商号:OSIsoft Japan株式会社
設立:2005年(平成17年)6月16日
代表者:代表取締役社長 安並 裕
主な事業内容:時系列データベース・ソフトウェアの保守、管理、技術指導業務とその付帯関連する業務
本社所在地:〒105-0014 東京都港区芝3-23-1 セレスティン芝三井ビル8階
Tel:03-5418-7690 Fax:03-3454-1621
OSIsoftジャパンホームページ

 

この件に関するお問い合わせ先

ESRIジャパン株式会社
Tel: 03-3222-3941
Fax: 03-3222-3946
お問い合わせはこちら

掲載種別

関連業種

  • 気象


掲載日

  • 2014年12月16日

Copyright© 2002-2016 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る