ニュース > ESRIジャパンの防災アプリ「避難所案内」が国土交通省国土地理院の「防災アプリ賞」を受賞

ニュース

ESRIジャパンの防災アプリ「避難所案内」が国土交通省国土地理院の「防災アプリ賞」を受賞

 

国土交通省国土地理院「第2回防災アプリケーション審査委員会」にて、ESRIジャパンの防災アプリ「避難所案内」が選定されました

 

GIS(地理情報システム)ソフトウェア国内最大手のESRIジャパン株式会社(※1)(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:正木千陽、資本金:5千万円、以下ESRIジャパン)が開発した防災アプリ「避難所案内」が、国土交通省国土地理院の「第2回防災アプリケーション審査委員会」において、「防災アプリ賞」を受賞しました。

 

防災アプリ「避難所案内」

今回の防災アプリの公募は、国土交通省国土地理院と水管理・国土保全局および内閣府が協力して構築中の「防災地図共用データベース(仮称)」から提供される防災地図情報を活用するための汎用性の高い防災アプリの開発を促進することを目的としています。公募されたアプリの中から有用性、操作性等を総合的に勘案して災害時に活用できる優れたアプリが、学識経験者等より構成される防災アプリケーション審査委員会により選定されました。

 

選定された優秀アプリは国土地理院「地図と測量の科学館」および国土交通省展示コーナーでのパネル展示や、11月13~15日に開催されるG空間EXPO2014で紹介されます。また、同日開催の併催イベント、Geoアクティビティフェスタにて出展するESRIジャパンブースでも「避難所案内」をご紹介します。

 

2014年10月16日付 国土交通省国土地理院 報道発表

「優れた機能を持つ防災アプリケーションを選定」

 

「避難所案内」アプリについて

「避難所案内」アプリは、災害発生時に危険な地域にいる住民のモバイル端末(iOSおよび Android)に対して避難指示メッセージを送信し、住民を近くの避難所まで誘導することを目的としたアプリです。モバイル端末へのプッシュ通知システムにジオフェンスを活用することによって特定の地理的範囲にいるスマホアプリ利用者(住民)にリアルタイムに避難指示等を通知することができます。また、電波が届かない環境でも避難できるように、国土地理院提供の避難所及び周辺の地図を事前に登録(ダウンロード)しておくことができます。

 

Geoアクティビティフェスタについて

ESRIジャパンはGeoアクティビティフェスタの展示会場内「コミュニケーションロビー」に出展します。また「イノベーションホール」にてプレゼンテーションを行います。

 

※1 テクノシステムリサーチ調べ

 

この件に関するお問い合わせ先

ESRIジャパン株式会社
Tel: 03-3222-3941
Fax: 03-3222-3946
お問い合わせはこちら

掲載種別

関連業種

  • 危機管理
  • 防災


掲載日

  • 2014年10月17日

Copyright© 2002-2016 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る