ニュース > 日本から世界へ広がる携帯電話

ニュース

日本から世界へ広がる携帯電話

 

時系列でみる世界の携帯電話普及率

 

先月に待望のiPhone6が発売されましたね。お買い求めになった方も多いのではないでしょうか。今や、友達との待ち合わせも電車の乗り換えを調べるのも、携帯電話なしでは考えられない時代になってしまいました。

そんな私たちの生活には欠かせない携帯電話ですが、世界で初めて携帯電話を実用化したのが日本だとご存じでしたか?1970年に日本万国博覧会でワイヤレスホンとして登場し、世界で初めて実用化がはじまりました。1980年代には北欧に広がり、他のヨーロッパ諸国や北アメリカにも普及していきました。1990年代から2010年の間には先進国だけではなく、発展途上国でも携帯電話市場は急増し、携帯電話の契約者は50億人を超えました。2011年の各国の携帯電話の普及率を見ると、100%を超えている(一人あたりの携帯電話契約数が一台以上)国も少なくないことに驚かされます。日本から世界へどのように携帯電話が広がっていったのか、みなさんも地図をとおしてぜひご覧ください。

時系列でみる世界の携帯電話普及率

 ※画像をクリックするとマップに飛びます

解説

ArcGIS Onlineの「タブ」というマップテンプレートを使用し作成しています。国をクリックすると、5年間隔の携帯契約者の数を閲覧できます。また下部のバーを動かしてタイムラインを変更することもできます。

 

掲載種別

関連業種

  • ビジネス
  • サービス


関連製品

掲載日

  • 2014年10月27日

Copyright© 2002-2016 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る