ニュース > Esri CityEngine 2014.0 リリース!

ニュース

Esri CityEngine 2014.0 リリース!

 

Esri CityEngine の最新バージョン CityEngine 2014.0 をリリースしました!

本バージョンでは、不具合修正と機能改善に加え、前バージョン 2013.1 の植物ライブラリの概念を発展させた建物、ファサード、屋根、道路のビルトイン ライブラリの搭載や、ユーザからの要望の強かったドーナツポリゴンサポートや道路の改善が行われています。また、CityEngine SDK の Examples として Autodesk Maya や Unity 用のプラグインが新たに GitHub に公開され、これらの CG ソフトウェアのユーザにも CityEngine の特徴であるプロシージャル モデリングをより利用しやすくなっています。(SDK Examples はサポート対象外です。)

CityEngine による複雑な 3D 都市モデルの作成例
CityEngine による複雑な 3D 都市モデルの作成例

ビルトイン Esri ルールライブラリ

CityEngine 2013 では、“Esri Vegetation Library with LumenRT Plants”として植物ライブラリをリリースし、75 点もの利用頻度が高く実用的な草花や樹木の写実的、コンパクト、解析的なモデルをサポートしましたが、このライブラリの概念を発展させ、建物、ファサード、屋根、道路のルールをビルトイン ルールとして搭載しました。これらの Esri 作成のルールを自分の CityEngine プロジェクトにインポートまたはコピーし、必要に応じて変更して利用することができます。

ビルトイン Esri ルールライブラリ

ドーナツポリゴン サポートの改善

offset、roofGable、roofHip、roofShed の 4 つの CGA オペレーションで穴の開いたポリゴン(ドーナツポリゴン)がサポートされました。今後、他のオペレーションでもサポートされる予定です。

ドーナツポリゴン サポートの改善

CityEngine SDK に基づく Unity Example プラグイン

CityEngine 2014 リリースと同時に、CityEngine SDK を Unity ゲームエンジンに組み込み、Unity の中でネイティブにジオメトリ生成を行うプラグインの開発例となる Unity Example プラグインを公開しました。

CityEngine SDK に基づく Unity Example プラグイン

CityEngine SDK と Unity Example は GitHub にて入手可能です。なお、CityEngine SDK および Examples はサポート対象外です。

Esri CityEngine とは?

Esri CityEngine は大規模な 3D 都市モデルをプロシージャル技術により効率的に作成することのできる 3D モデリングソフトウェアです。既存の GIS データや CG モデルを基に、ルールにより街並みの 3D モデルを構築します。作成したモデルは ArcGIS 3D Analyst に持ち込んで 3D 解析や景観シミュレーションを行ったり、CG ソフトウェアに持ち込んで映像やゲーム、バーチャルリアリティの作成をすることができます。

製品についての詳細および 30 日トライアル版のダウンロードにつきましては、Esri CityEngine 製品ページ をご覧ください。

掲載種別

掲載日

  • 2014年7月2日

Copyright© 2002-2016 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る