ニュース > ESRIジャパン GISメルマガ 2014年4月21日号

ニュース

ESRIジャパン GISメルマガ 2014年4月21日号

 

╋╋・‥… 目次 …‥・╋╋
イベント情報
お知らせ
国内外GISニュース
活用事例紹介
ArcGISブログのご紹介
ESRIジャパン便り
━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

 

┏……………………………………………………………………┓
  イベント情報
┗……………………………………………………………………┛

第10回 GISコミュニティフォーラム開催のお知らせ(事前登録制・無料)

 ■GISコミュニティフォーラム 

   2014年5月29日(木) 10:00-17:40 (受付開始 9:30)
   2014年5月30日(金) 10:00-17:30 (受付開始 9:30)

 ■プレフォーラム・セミナー
   2014年5月28日(水) 11:30-17:30 (受付開始11:00)

 ■会場:東京ミッドタウン ホール&カンファレンス(東京都港区赤坂9-7-1)

参加登録・プログラム詳細はこちら

——————-

【基調講演者情報】

・5月29日(木)午後の部 13:30~15:50
 「オープンデータから社会イノベーションへ」
 佐賀県特別顧問
 株式会社公共イノベーション 代表取締役 社会工学博士 川島 宏一 氏

「ArcGIS – クラウドへの展開がもたらすGIS の革新」
 米国 Esri社 製品戦略担当 テクノロジー エバンジェリスト
 Bernie Szukalski(バーニー ズカルスキー)

・5月30日(金)午後の部 13:30~15:10

「最新のビッグデータ解析について」
 株式会社Agoop 代表取締役社長 兼
 ソフトバンクモバイル株式会社 兼 ソフトバンクBB株式会社
 モバイル・ソリューション本部 情報企画統括部 統括部長 柴山 和久 氏
「なぜ、データや分析力を活用できないか?~15年間の苦労から学んだ知恵~」

 大阪ガス株式会社
 情報通信部 ビジネスアナリシスセンター 所長 河本 薫 氏

 ——————-

【事例発表】

他、多数。

——————-

【主な内容】

 ——————-

【展示内容】

 ——————-

【マップギャラリー】

ユーザの皆様の研究成果をご紹介する「マップギャラリー」を開催いたします。奮ってご応募ください。 

参加申し込み締め切り: 2014年5月2日(金)

 ——————-

【懇親会】

日  時: 5月29日(木) 17:40~
会  場: 東京ミッドタウン・ホールA 展示会場内(地下1階)
参加費: 2,000円(チケットは当日会場にてお求めください)

 

参加登録はこちらよりお願いいたします。

※プログラムの内容は予告なく変更される場合があります。

……………………………………………………………………

第34回 米国Esriユーザ会のご案内

世界最大規模のGISイベント Esriユーザ会 (Esri International User Conference) が、米国カリフォルニア州サンディエゴにて開催されます。(事前登録制・有料)

【Esriユーザ会】

会期:2014年7月14日(月)~18日(金) 
事前登録締切:2014年6月20日(金)

【Esriユーザ会参加ツアー】

日程:2014年7月12日(土)~19日(土) 6泊8日
ツアー申込締切:2014年4月25日(金)

詳細はこちら

【各種募集状況】(2014年4月現在)

詳細はこちら

世界各国からの参加者増加により、会場周辺ホテルの手配が難しくなっております。参加される場合はお早めに手配をお願いいたします。

 

┏……………………………………………………………………┓
  お知らせ
┗……………………………………………………………………┛

 ◆ ArcGIS for Desktopユーザ向けArcGIS Online無償プログラムのご案内

2014年1月から、ArcGIS for Desktopの保守が有効なユーザ様向けに、GISのクラウドサービス「ArcGIS Online」の各種サービスを無償で 利用できるプログラムがスタートしました。

住所情報からポイントデータの作成、ルート検索、作成したマップの共有など、ArcGIS Online が提供する様々なサービスを簡単に利用できるようになり、GIS の活用範囲が大きく広がります。

ArcGIS Onlineでなにができる?

合わせて、ArcGIS Onlineの無料体験セミナーも開催しております。この機会に是非ともご利用ください。

無料体験セミナーの詳細はこちら

 

┏……………………………………………………………………┓
  国内外GISニュース
┗……………………………………………………………………┛

◆ 企業のブランド戦略に「ビッグデータ分析+地理空間情報」を活用-言葉・心理・人口統計的特徴から顧客を探る-

課題:

導入効果:

 

┏……………………………………………………………………┓
  活用事例紹介
┗……………………………………………………………………┛

 ◆【奈良県 県土マネジメント部】

  県の課題解決を目指した業務特化型・課題解決型GIS研修

 

◆【名古屋大学 環境社会システム工学研究室】

  都市部で将来発生する廃棄物を推定

 

┏……………………………………………………………………┓
  ArcGISブログのご紹介
┗……………………………………………………………………┛

最近掲載した記事をご紹介します

 

┏……………………………………………………………………┓
  ESRIジャパン便り
┗……………………………………………………………………┛

東京の春を感じながら ~日本地理学会の巡検に参加~

今月はESRIジャパンの名物男(!?)営業推進グループの田中より、先月開催された日本地理学会の巡検に参加した模様をレポートします。新宿から代々木-千駄ヶ谷-渋谷と歩いて行くルートをストーリーマップを交えてご紹介します!

 

先日、出身大学の先生よりお声掛けいただき、3月29日に開催されました日本地理学会の2014年春季学術大会の巡検に参加しました。日本地理学会は1925年に創立され地理学に関する調査・研究を行う学会です。今回参加した巡検第一班では、新宿から代々木-千駄ヶ谷-渋谷と歩いて行くルートで、私の学生時代から慣れ親しんだ街を次々と巡る内容でした。

東京都庁の展望室よりスタートし、春霞の中にうっすら富士山が見え、季節を感じることができました。新宿では、新宿新都心が淀橋浄水場の跡地だという話から、なぜここに浄水場が設置されたのかという疑問に。新宿は東京でも有数の高台で、高き所から低き所に水を流すように作られたのだとか。長年の疑問が解けた瞬間でした。

その後、千駄ヶ谷駅付近から、富士塚のある鳩森八幡神社を経て、穏田川(渋谷川)の上流へ。原宿・渋谷付近の川は、ほとんどが暗渠となってしまい、地上からは見えないのですがくねくねとした道や道沿いの街並みを見ていくと、川があったことを示す痕跡を感じ取ることができ地下に流れる川に思いを馳せました。東横線の地下化に伴い、変わりゆく渋谷を宇田川沿いに抜けていくと、高台には松濤の閑静な住宅地が。センター街から一気に街の様相が変わることに驚きながらも松濤は我が故郷、佐賀藩主の鍋島家ゆかりの土地であることに親しみを感じ、巡検を終えました。

当日は、多くの先生方・学生の皆さん、私のように興味を持って参加された方々とたくさんお話しさせていただき楽しいひとときになりました。本当にありがとうございました。今回の巡検の写真をArcGIS Onlineを使って、ルートマップとしてみました。ちょうど桜もきれいな時期でしたので、写真と地図から東京の春と地形・土地利用について感じてもらえると幸いです。

日本地理学会Webサイト
http://www.ajg.or.jp/

掲載種別

掲載日

  • 2014年4月21日

Copyright© 2002-2016 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る