ニュース > ESRIジャパン GISメルマガ 2014年1月28日号

ニュース

ESRIジャパン GISメルマガ 2014年1月28日号

 

╋╋・‥… 目次 …‥・╋╋
イベント情報
お知らせ
国内外GISニュース
活用事例紹介
ArcGISブログのご紹介
ESRIジャパン便り
━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

 

┏……………………………………………………………………┓
  イベント情報
┗……………………………………………………………………┛

マルチデバイス時代の位置情報活用マーケティングセミナー

ネットとリアルの融合を果たし、多様なチャネルをとおして消費者の購買体験や製品・サービスの利用体験を高めるカギ、それは「位置情報
の有効活用」です。本セミナーでは、位置情報を最大限活用した新しいマーケティング手法と活用シーン、実践のポイントをご紹介します。

 ■日時:2014年2月13日(木) 15:00-17:30(受付開始 14:30)

 ■会場:ESRIジャパン 永田町オフィス 3F セミナールーム(東京・千代田区)

 Location Analytics ソリューション概要

 

……………………………………………………………………

第10回 GISコミュニティフォーラム開催のお知らせ

今年も下記の日程で、東京ミッドタウン(東京・六本木)にてGISコミュニティフォーラムを開催いたします。

 ■GISコミュニティフォーラム
   2014年5月29日(木)
   2014年5月30日(金)

 ■プレフォーラム・セミナー
   2014年5月28日(水)

 ■会場:東京ミッドタウン(東京都港区赤坂9-7-1)

 

……………………………………………………………………

◆ 第34回 米国Esriユーザ会のご案内

米国カリフォルニア州サンディエゴにて世界最大規模のGISイベント Esriユーザ会 (Esri International User Conference)が開催されます。

 ■会期:2014年7月14日(月)~18日(金)

 詳細はこちら(英文)

※日本語サイトは準備ができ次第お知らせいたします。

 

┏……………………………………………………………………┓
  お知らせ
┗……………………………………………………………………┛

「Esri CityEngine 2013」リリースのお知らせ

Esri CityEngine の最新バージョン CityEngine 2013 がリリースされました!Esri CityEngine とは、大規模な3D都市モデルを構築できる3D
モデリング ツールです。GIS データが利用できたり、ArcGIS 3D Analystで3Dモデルを表示したりできる ArcGIS との互換性も高い製品です。
本バージョンでは、基本機能が拡張され、さらに様々な新機能が追加されています。

機能が強化されてさらに使いやすくなった CityEngine 2013.1 を是非ご利用ください。

30日間無料のトライアル版もお試しいただけます。

……………………………………………………………………

◆ PAREAシリーズ 教育機関向けキャンペーン実施!

GISデータストアでは教育機関のお客様を対象に、最大66%引きでPAREAシリーズのデータをご利用いただけるキャンペーンを実施しております。
期間中は、PAREA-Zip(全国郵便番号界地図データベース)やPAREA-Hazard(全国避難所施設データベース)などのデータを通常よりお求めやすい価格でご購入いただけます。

キャンペーンは本年3月まで。

……………………………………………………………………

ArcGIS for Desktop ユーザ向けArcGIS Online 無償プログラムのご案内

ArcGIS for Desktop をご利用の方に朗報です。1月14日の週からEsri社がホストするクラウドサービス「ArcGIS Online」の各種サービスを無償で
利用できるプログラムがスタートしました。

住所情報からポイントデータの作成、ルート検索、作成したマップの共有など、ArcGIS Online が提供する様々なサービスを簡単に利用できるよう
になり、GIS の活用範囲が大きく広がります。是非ご活用ください。

 

┏……………………………………………………………………┓
  国内外GISニュース
┗……………………………………………………………………┛

「配線・配管設備の情報共有が10億ドルの空港拡張工事の鍵に」

課題:

導入効果:

 

┏……………………………………………………………………┓
  活用事例紹介
┗……………………………………………………………………┛

【総務省統計局】
  
政府が保有する統計情報の集約と公開

 

【立命館大学】
  福島県相馬市を対象とした土地利用デザインの提案

 

┏……………………………………………………………………┓
  ArcGISブログのご紹介
┗……………………………………………………………………┛

最近掲載した記事をご紹介します

 

┏……………………………………………………………………┓
  ESRIジャパン便り
┗……………………………………………………………………┛

映画『永遠の0』と零戦

現在上映されている話題の映画『永遠の0』は、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズを手掛けた山崎貴監督と株式会社白組の作品。太平洋戦争を描いた本映画は、当時の真珠湾の地形や建物の景観を再現するためにEsri CityEngineが使われました。さて今回は自他ともに認める(?)ESRIジャパン一の零戦マニア・羽田より特別に零戦レポートをお届けします。

昨年はジブリ映画『風立ちぬ』が公開されましたが、この主人公は零戦の主任設計者である堀越次郎氏をモチーフに描かれていました。実は最近、密かな零戦ブームが巻き起こっています。映画以外にも各地の博物館で零戦に関する様々な企画展が開催されています。

昨年はなんと、所沢航空発祥記念館の企画展で “動く零戦” が来日していました!

日本で零戦が見学可能な博物館は数ヶ所ありますが、いずれも外観や内装を復元しただけで飛行可能な零戦は存在しません。海外では飛行可能な状態で動態保存された零戦が数機ありますが、来日した零戦は世界で唯一当時のままのオリジナル エンジン(栄:さかえ)で飛行可能な零戦です。

この動く零戦が埼玉の所沢航空発祥記念館で展示されていたのが、展示期間中に2度実際にエンジンを動作させて地上を走るタキシング見学会が開催されました。私も抽選で申し込んで見てきましたが、その様子がこちら…

これが当時世界の空を制していたと思うととても感慨深いものでした。見学会では堀越次郎氏のご子息から父親の面影もお話してもらい、貴重な体験ができました。

映画『永遠の0』ではVFXでリアルな零戦が再現されていましたが、零戦のエンジン音は今回来日した零戦の栄エンジンから録音したのだそうです。映画を観られた方はヒューマンドラマに感動したと思いますが、私は忠実に再現された零戦にも目が離せませんでした。

残念ながら動く零戦はもうアメリカに帰ってしまいましたが、実物を見てみたい方はぜひ展示されている博物館を訪れてみてください。

所沢航空発祥記念館
http://tam-web.jsf.or.jp/contx/

現存する零戦(展示されている博物館)
http://bit.ly/1duHLFV

※今回来日した零戦は Planes of Fame Museum 所有のもの

 

掲載種別

掲載日

  • 2014年1月28日

Copyright© 2002-2016 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る