ニュース > ESRIジャパン GISメルマガ 2013年7月30日号

ニュース

ESRIジャパン GISメルマガ 2013年7月30日号

 
╋╋・‥… 目次 …‥・╋╋
イベント情報
お知らせ
国内外GISニュース
活用事例紹介
ArcGISブログのご紹介
ESRIジャパン便り
━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
┏……………………………………………………………………┓
   イベント情報
┗……………………………………………………………………┛

◆ ArcGIS 最新情報セミナー 2013

ESRIジャパン取扱い製品の最新情報や様々なGIS活用事例をお伝えする
セミナーを開催いたします。
参加登録及び詳細は、8月中旬(予定)よりご案内いたします。

【仙台】  
9月19日(木)会場:TKP 仙台カンファレンスセンター
【新潟】  
9月18日(水)会場:ときめいと 
【東京】 
10月 8日(火)会場:JA共済ビル カンファレンスホール
10月30日(水)会場:ESRIジャパン 永田町オフィス
【つくば】 
11月12日(火)会場:エポカルつくば(つくば国際会議場)
【京都】 
11月 6日(水)会場:メルパルク京都
【広島】 
10月22日(火)会場:TKPガーデンシティ広島
【高松】 
10月 1日(火)会場:サンポートホール高松
【鹿児島】 
11月 5日(火)会場:JR九州ホテル鹿児島
【那覇】 
11月27日(水)会場:沖縄産業支援センター

……………………………………………………………………

◆ ビジネスに位置情報の力を!
  エリアマーケティング実践セミナー 
本セミナーでは、位置情報の力をビジネスに有効活用するための
アプローチ、ESRIジャパンが提供する各種ソリューションの活用シーン
およびデモをご紹介します。マーケティング戦略や営業戦略の強化、
ビジネスプロセス変革に向けた貴社の取り組みにぜひお役立てください。

 ■日時:2013年8月27日(火) 15:00-17:15 (受付開始 14:30)  
     2013年9月20日(金) 15:00-17:15 (受付開始 14:30)

 ■会場:ESRIジャパン 永田町オフィス 3F セミナールーム
     (東京・千代田区)

⇒「Esri Business Analyst」製品詳細 
┏……………………………………………………………………┓
   お知らせ
┗……………………………………………………………………┛

◆ ArcGIS Desktop 逆引きガイド 10.1 & 10.2 対応版を販売開始    
ArcGIS Desktop 逆引きガイドの改訂版を発売しました。
2013年7月時点における最新バージョン 10.1 と 2013年秋リリース
予定の次期バージョン 10.2 に対応した内容となっています。

下記サイトよりご購入いただけます。
Amazon.co.jp (www.amazon.co.jp) 
MapShop (www.mapshop.co.jp)

『ArcGIS Desktop 逆引きガイド 10.1 & 10.2 対応』
 著者・出版 :ESRIジャパン株式会社
 価格 :2,625円(税込)

……………………………………………………………………

◆ 相馬市がGISテクノロジーの先進的利用を進めるユーザとしてSAG賞を受賞   
世界各国から12,000人が参加したEsriユーザ会 (カリフォルニア州
サンディエゴ市)※2において、2013年7月10日に福島県相馬市が 
「SAG賞 (Special Achievement in GIS Award)」 を受賞しました。

┏……………………………………………………………………┓
   国内外GISニュース
┗……………………………………………………………………┛

◆ 東京と世界の大都市を比べてみよう!
   ~都市を比較するための新たなツール『Urban Observatory』公開~   
ハイライト:
・世界16都市の商業地や工業地、人口密度、緑地、画像といった
  データマップの閲覧・比較が可能
・最大3都市のマップを並べて表示し、各都市の特徴の対比が可能

……………………………………………………………………

◆ 第9回GISコミュニティフォーラム 
  マップギャラリー 入賞作品の紹介 ~第2位~   
「京都のどこで”つぶやく”?-ジオタグ付きツイートによる
 観光客分布の把握の試み-」
(日本学術振興会・東京大学・立命館大学)

┏……………………………………………………………………┓
   活用事例紹介
┗……………………………………………………………………┛

◆【豊橋市 防災危機管理課】
  津波対策として標高情報を市民へ公開・被害想定へ活用
 
 【水土里ネットとっとり(鳥取県土地改良事業団体連合会】
  モバイル GIS, GPS を活用した 樹園地管理システムの開発      
┏……………………………………………………………………┓
  ArcGISブログのご紹介
┗……………………………………………………………………┛

◆ 最近掲載した記事をご紹介します
   ArcGISブログはこちら

・ArcGIS 10.1 for Server の概要を短時間でがっちり!!
・地図と写真でアピール!ArcGIS Online を利用して観光マップを作成してみませんか?
・Esri Business Analyst 10.1 新機能紹介(1) ~フュージョン レポート~

 

┏……………………………………………………………………┓
ESRIジャパン便り
┗……………………………………………………………………┛

世界各国から12,000人が参加して盛大に開催されたEsriユーザ会。
中でも一際大きな注目を浴びたのが、初日のプレナリーセッションにスペシャルスピーカーとして登壇したウィル・アイ・アム氏。グラミー賞を6度受賞したピップホップグループ「ブラック・アイド・ピーズ」のブレイン的存在であり、U2やマイケル・ジャクソンなどに楽曲を提供するなどトッププロデューサーとしても活躍する人物です。

彼の活動は音楽業界に留まらず、慈善活動やインテル社のクリエイティブディレクターを務める他、2012年8月には、NASAと共同で史上初めて火星から新曲を配信する等、その活動範囲は、もはや地球という枠すら越えたものとなっています。

彼の慈善活動の1つであるアイ・アム・エンジェル財団では、ArcGISを取り入れたプロジェクトを行っており、プレナリーセッションでは、カリフォルニア州ボイルハイツ地区にあるルーズベルト高校の活動が紹介されました。同高校では、貧困や犯罪、肥満等の社会問題を抱える同地区の社会基盤を理解するため、生徒がGISを活用しています。

ボイルハイツ地区はウィル氏自身が少年時代を過ごした場所でもあり、彼はEsri社社長 ジャック・デンジャモンド氏とのトークセッションの中で、多くの社会問題を抱えた地区でありながらも、地域の人々に恵まれた少年時代を振り返りました。また、ウィル氏の教育支援に対する熱意は、大学進学や就職を支援するだけでなく、地域コミュニティの変革を見据えたものであると語りました。さらに、彼が初めてGISを目にした時の驚きや感動を語る等、会場全体がGISで繋がった素晴らしいセッションとなりました。

ウィル・アイ・アム氏とEsri社社長 ジャック・デンジャモンド氏によるセッションのビデオ(英語)

アイ・アム・エンジェル財団(英語)

 

掲載種別

掲載日

  • 2013年7月30日

Copyright© 2002-2016 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る