ニュース > 都市を比較するための新たなツール「Urban Observatory」公開

ニュース

都市を比較するための新たなツール「Urban Observatory」公開

 

東京と世界の大都市を比べてみよう!

 

7月8日、米国サンディエゴ市で開催されたEsriユーザ会 プレナリーセッションで、世界16都市の様々なデータセットの閲覧、比較ができる「Urban Observatory」が公開された。

Urban Observatory_米国Esriユーザ会の様子
Urban Observatory 米国Esriユーザ会での様子

 

この「Urban Observatory」は、各都市のデータを閲覧できるだけのサイトではない。東京、ロンドン、ニューヨーク、ミラノ、シンガポール、ムンバイ、リオ・デジャネイロ、といった世界各国の大都市から提供された商業地や工業地、人口密度、緑地、画像といったデータをマップで表示し、最大3都市のマップを並べ、同じスケールで比較することができるのだ。

3つの都市のマップを比較することが可能
3都市のマップの比較が可能

 

表示する3都市は東京とロンドン、ニューヨーク、または東京とパリ、ムンバイなどというように入替えが可能なほか、拡大・縮小機能を使ってマップのスケールを簡単に変えることができる。表示されているマップの1つを拡大すると、連動して他の2つのマップも同じスケールで表示される仕組みになっているので、データの比較がしやすくなっている。

人口密度の比較
ロンドン、ニューヨーク、東京の人口密度の比較

 

「Urban Observatory」では、マップに盛り込まれているデータの内容やスケール、精度が異なることから比較が難しかった各都市のデータを、誰もが簡単な操作で対比できるようにしている。地図が「世界共通語」の役割を果たすことで、各都市の特徴を共有し、学び、新たなアイディアを生み出すきっかけになっていくだろう。

 

関連リンク

掲載種別

掲載日

  • 2013年7月30日

Copyright© 2002-2016 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る