ニュース > ArcGIS Online 個人向けプランに関する変更点について

ニュース

ArcGIS Online 個人向けプランに関する変更点について

 

ArcGIS Online 個人向けプラン(無料)に関する重要な変更点について

ArcGIS Online 個人向けプランは、個人のお客様がデータコンテンツやマップをクラウドに保存し、世界中のユーザと共有できるようにするための無償のクラウドサービスです。

 この個人向けプランに関する利用規約が 2013年3月の ArcGIS Online バージョンアップに伴い、改正されましたのでお知らせいたします。

1. サービス名称について

ArcGIS Online 個人向けプランの英語名称が、以下のように変更されました。

【旧英語名称】ArcGIS Online personal plan  (日本語名称:ArcGIS Online 個人向けプラン)

【新英語名称】ArcGIS Online public plan      (日本語名称:ArcGIS Online 個人向けプラン)

※ 上記の通り、日本語名称には変更ありません。

2. サービス内容の変更点について

ArcGIS Online 個人向けプランは、個人利用および非商用利用限定の無償サービスとして、これまで通り以下の形態でお使いいただけます。

(1) 登録したユーザのみがアクセス可能な非公開のデータやマップを持つことができます(下図①)。

(2) 登録されたデータやマップを全世界のユーザへ公開することができます(下図②)。

(3) 特定の分野や地域などを対象とする、公開されたユーザグループを作成することができます(下図③)。

 そして、今回の利用規約改正により次の条項が追加されました。

(4) ArcGIS Online へ登録したデータやマップを特定のユーザへ限定して共有するための、非公開のユーザグループを作成することはできません(下図④)。

※ 利用規約改正前に作成された非公開グループや、そのグループに属する非公開データが、Esri社により無断で公開されることはありません。

今後、ArcGIS Online で非公開グループの作成や、特定の組織内に限定されたデータ共有をおこなう必要があるお客様は、「ArcGIS Online 組織向けプラン」の購入をご検討ください。

 ArcGIS Online 組織向けプランでは、上述したデータの限定公開機能だけでなく、以下に挙げる豊富な GIS 機能をご利用いただくことができます。

・ArcGIS Online ホストサービス機能

 ArcGIS for Desktop から ArcGIS Online へデータをアップロードするだけで、手軽にオンラインマップサービスを公開することができます。 

・ArcGIS Online トップページのカスタマイズ

 ArcGIS Online のトップページをカスタマイズし、専用のURL(○○○.maps.arcgis.com)を持たせることができますので、一般への情報公開ポータルサイトとしてのご利用も可能です。

・Esri Maps for Office

Esri Maps for Office は Microsoft Excelと Microsoft PowerPoint のアドインソフトウェアであり、Excel のデータを数回のクリック操作で地図化したり、PowerPoint のプレゼンテーションに操作可能なマップを埋め込むことができます。 

■参考情報

ArcGIS Online 製品情報

ArcGIS Online 組織向けプランと個人向けプランの機能比較表

最新の利用規約

 

掲載種別

掲載日

  • 2013年4月26日

Copyright© 2002-2016 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る