ニュース > ESRIジャパン GISメルマガ 2013年2月26日号

ニュース

ESRIジャパン GISメルマガ 2013年2月26日号

 

ESRIジャパン GISメルマガ 2013年2月26日号

╋╋・‥… 目次 …‥・╋╋ 
イベント情報 
お知らせ 
国内外GISニュース 
活用事例紹介 
ArcGISブログのご紹介 
ESRIジャパン便り 
━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥……… 

┏……………………………………………………………………┓ 
   イベント情報 
┗……………………………………………………………………┛ 

◆ 第9回 GISコミュニティフォーラム開催のお知らせ  

下記の日程で、東京ミッドタウン(東京・六本木)にて 
GISコミュニティフォーラムを開催いたします。 
(事前登録制・無料) 

プレフォーラムセミナー   2013年5月29日(水) 
GISコミュニティフォーラム  2013年5月30日(木)~5月31日(金) 

※4月上旬、HPにて詳細公開・参加登録開始予定 

…………………………………………………………………… 

◆ 第33回 米国Esriユーザ会のご案内 

世界最大規模のGISイベント Esriユーザ会 
(Esri International User Conference) が、米国カリフォルニア州 
サンディエゴにて開催されます。(事前登録制・有料)  

【Esriユーザ会】 
 会期:2013年7月8日(月)~12日(金) 
 事前登録締切:2013年6月14日(金) 

【各種募集状況】(2013年2月現在) 
・マップギャラリー:募集中 
  ※エントリー締切 2013年5月31日(金) 
   ※パネル位置の指定は先着順となります。 

・ユーザアプリケーションフェア:募集中 
  ※エントリー締切 2013年6月21日(金) 

・ブース出展:募集中 
    ※プログラムガイドへの記載は2013年4月5日(金) 
   申し込み分までとなります。 

・プレナリー用画像:募集中 

【Esriユーザ会視察ツアー】 
 日程:2013年7月6日(土)~13日(土) 6泊8日 
 申込締切:2013年4月19日(金) 
 詳細は、ESRIジャパンWebサイトにて近日公開いたします。 

世界各国からの参加者増加により、会場周辺ホテルの手配が 
難しくなっております。参加される場合はお早めに手配を 
お願いいたします。 

…………………………………………………………………… 

◆「Esri Business Analyst 10 でこれから始めるエリアマーケティング」セミナー 

エリアマーケティング特化型製品の新バージョン「Esri 
Business Analyst 10」をご紹介するセミナーを開催いたします。 

最新の国勢調査データや、日本国内のお客様向けに用意された 
機能群、背景地図データが含まれており、商圏分析や顧客分析、 
販促計画や提案業務といった様々なエリアマーケティングに 
“すぐに”お使い頂ける本製品の内容や活用方法をご紹介いたします。 

 ■日程:2013年3月22日(金) 

 ■時間:15:00-17:00 (受付開始 14:30) 
  
 ■会場:ESRIジャパン株式会社(東京・永田町) 

  ■申込:参加無料・事前登録制 

⇒「Esri Business Analyst 10」製品詳細 
 
┏……………………………………………………………………┓ 
   お知らせ 
┗……………………………………………………………………┛ 

◆ 日経ITProに Esri CityEngine 紹介記事掲載 

3D都市景観モデリングソフトウェアの Esri CityEngine が、 
日経ITProにて紹介されました。 

…………………………………………………………………… 

◆ 第2回 Esri Young Scholars Award のご案内 
 
米国Esri社は、ArcGISを使って研究を行っている学生を対象に 
「Esri Young Scholars Award」を設立しました。 

【表彰と副賞】 
受賞者は、第33回 Esriユーザ会(米国カリフォルニア州 
サンディエゴ、2013年7月8~12日)にご招待いたします。 

Esriユーザ会では、各国の受賞者との特別セッション、授賞式、 
Esri社社長 ジャック・デンジャモンドとのフォトセッション等に 
参加していただきます。 

⇒Esriユーザ会詳細はこちら 
 
…………………………………………………………………… 

◆ 2013年2月から大阪で定期トレーニングを開催! 

1.開催コース: 

  ArcGIS DesktopⅠ入門編 : 初めてのGIS 
 
2.スケジュール: 

  1回目:2013年2月28日(木)~3月1日(金) 
   
   2回目以降の開催スケジュールはこちら。 
 
3.会場: 

  ESRIジャパン大阪オフィス(新大阪グランドビル 1F 会議室) 
  住所:大阪府大阪市淀川区宮原2-14-14 新大阪グランドビル 
   電話:06-4807-7015 
 
東京のトレーニング会場まで足を運ぶことが困難なお客様は、 
是非この大阪開催の定期トレーニングをご利用ください。 

皆様の弊社トレーニングへのご参加を心からお待ちしております。 

┏……………………………………………………………………┓ 
   国内外GISニュース 
┗……………………………………………………………………┛ 

◆ 惑星探査にGIS!火星探査成功への第一歩はGISと衛星画像 
   -火星科学研究探査機の火星着陸地点決定にGISと衛星画像を駆使- 

ハイライト 
・リモートセンシング画像とArcGIS製品を使って、火星地表面の 
  地形をモデリングし分析 
・最新鋭カメラから送られた画像データセットから探査機の 
  最適な着陸地点を分析 
・探査機の火星での活動をマッピング 

┏……………………………………………………………………┓ 
   活用事例紹介 
┗……………………………………………………………………┛ 

◆【コロプラおでかけ研究所】 
  ビッグデータの社会的利用 
 
◆【国立大学法人 千葉大学 園芸学研究科】 
  3次元レーザーを用いた森林資源量把握 レーザーによる新たな持続的森林管理 
 
┏……………………………………………………………………┓ 
  ArcGISブログのご紹介 
┗……………………………………………………………………┛ 

◆ 最近掲載した記事をご紹介します 
   http://blog.esrij.com/ 

・ArcGIS 10.1 お勧め画像機能 その 3 - 計測 - 
・ArcGIS Viewer for Silverlight バージョン 3.0 をリリース 
・スマートフォンで営業マン支援!デモムービー(ArcGIS for Smartphones) 
  を公開しました! 

┏……………………………………………………………………┓

ESRIジャパン便り

┗……………………………………………………………………┛

ArcGIS事例集 Vol.9 発刊

この度、ESRIジャパンは「ArcGIS事例集」Vol.9 を発刊いたしました。

私も今回初めて事例集作成に携わり、お客様のArcGISに対する熱い思いを知れば知るほど、それを一つにまとめることの難しさを実感し、もどかしい思いをしました。

ArcGISを導入するまでの苦労話やGISの効果が組織内で認識された時の喜び、これから取り組みたいこと等々、紹介したいことは山ほどあるのに与えられたのは見開き2ページ。字数制限を考慮しながらタイトルや文章を何度も書き直したり、地図や写真のサイズと配置を調整したり、ああでもないこうでもないと頭を悩ませる日々が続きました。

Vol.9では、ArcGISを導入したいけれどどこから始めれば良いかわからない、ArcGISを導入したものの社員や職員の研修方法に悩んでいる、他の組織では どのようにArcGISを活用しているか知りたい、といった皆様の悩みを解決するヒントが盛り込まれた内容になっています。また、「ArcGISを使えばこんなこともできるんだ!」と新たな発見もあるのではないかと思います。

取材や原稿の確認、データの提供等、お忙しい中事例集作成にご協力くださった皆様にこの場を借りて心より御礼申し上げます。

収録されている事例はメールマガジンでご紹介する他、随時Webページにアップしていきますので是非ご覧ください。

掲載種別

掲載日

  • 2013年2月26日

Copyright© 2002-2016 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る