ビジネスマップ用語集 > 分析手法 > 出店分析

ビジネスマップ用語集

出店分析

出店分析とは、店舗を出店するにあたり、出店候補地周辺の調査を行うことをいいます。小売業など店舗展開する企業における出店計画では、物件情報の入手、物件や立地の調査査定、競合店調査、需要予測、家賃交渉、店舗施工コスト試算、社内での開発会議による決済など、一連のプロセスです。そのプロセスの中で、特に立地分析、競合店調査、需要予測などの場面でGISを有効活用することができます。

立地分析

立地分析に GIS を用いることで、注目するエリア周辺の商圏情報や競合店情報などを地図上に表示し、立地状況を俯瞰することが容易にできるようになります。また、それらの情報を商圏レポートとして出力することで、意思決定者への効果的な情報提供を行うことができます。

立地分析

競合調査

競合店の情報は出店分析を行う上で、最も重要な要素の一つであり、競合店の外観や内装、目前交通量などの情報を写真とともに整理する必要があります。
ArcGIS では、マップ上で選択した位置に情報や写真をアップロードできる現地調査用アプリを提供しており、取得した情報を位置情報と簡単に紐づけて管理することができます。そのため、「どこ」で取得した情報か分からなくなる事態を防ぐことができます。
また、マップ上やマップと連動したダッシュボード型アプリなどでも、それらの情報は確認することができます。

競合調査

需要予測

店舗を新規出店する際に、出店の可否を判断する材料として需要予測が行われます。代表的な需要予測手法として、競合店と世帯数などの需要データとの位置関係から吸引できる需要量を予測する「ハフモデル」が挙げられます。Esri Business Analyst for Desktop では、複数要因を魅力度として設定できるなど、通常のハフモデルを発展させたアドバンス ハフ モデルを搭載しているため、より高精度な需要予測を行うことができます。

需要予測

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る